乳首が擦れて黒ずんでいます

私はブラジャーをしていません。それがいけないのでしょう。ちゃんとブラジャーをして保護していないから、洋服が乳首に擦れてしまうのです。これが黒ずむ原因だったのです。

そんな事をしているから、みるみる私の乳首は黒ずんでいくのです。そのまま掘っておいたのがいけないのでしょう。ちゃんとした対処が必要だったのです。そう思ったにはちゃんときっかけがあったのです。

付き合い始めて二か月の彼が、私の乳首を見てげんなりしていました。その時、私は恥ずかしいのと同時に、絶対にこの乳首をきれいなピンク色に戻してみせると誓ったのです。その時から私は、ちゃんとブラジャーをするようになったのです。これが基本だったからです。

これでもう、これ以上乳首が黒ずむ事はないと思いました。これ以上ひどくなる事はないと思ったのです。

そしてピューレパールを塗って、黒ずみをとる努力をしました。この時一緒にビキニラインの黒ずみもとろうと頑張ったのです。せっかくなら同時にきれいにしたくなったのです。

乳首に塗ると、伸びが良くてべたつきがありませんでした。塗り終わると結構さっぱりしていたのです。以前よりも乳首がプルンプルンになってきました。黒ずみだけではなくて、触った感じも変わってきたのです。
★参考サイト★ちくびをピンクにする方法は?クリームはどう?|乳首が黒いと諦めないで!

若いうちは色素が濃いのです

乳首の色が黒いという悩みをお持ちの若い女性は少なからずいると思います。でも、実はこれは若さの証拠でもあります。

というのも、妊娠、出産しますともともと乳首の色が薄い人でも絶対に黒く、濃くなります。女性ホルモン、人体の不思議といいますか、そのように体はできています。

一説によりますと、生まれたての赤ちゃんはまだはっきり見えていないためおっぱいをわかりやすくするために黒くなっているとも言われています。

そしてその黒くなった乳首なのですが、本当に不思議なのですが、赤ちゃんが吸ううちにだんだん元の色に戻っていきます。

少しずつですがまずは乳首の先からで、だんだん乳りんも薄くなっていくのです。

赤ちゃんが成長していくにつれ、目が見えるようになる頃に合わせて戻るのかもしれません。

それだけではなく、年をとるにつれ、だんだん色素が薄くなるということもあります。

温泉などで見たことがありますが年配の女性の方は全員とは言いませんが、大体乳首の色は薄めです。

というわけで、若いうちに乳首の色が濃いのはある程度仕方ないことと受けとめましょう。

コンプレックスに感じる必要はありません。グラビアなどは色を調整しているかもしれません。

本来の自然な女性だったらある程度黒いのは普通です。